2008.6 我が家に舞い降りた小さな天使MIHIROの成長日記。


by KumikoM25
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

CARRARA-最後の夜

コロンナータからバスに乗り、途中和子さんにまた迎えにきていただき、B&Bへ戻りました。
この日はカッラーラ最後の夜。
みひろと両親は10日間も過ごしたカッラーラ。

ネコのリンダとジジともすっかり友達になったみひろ。
言葉とかなくても、なんだかお互いわかりあえているようでとてもほほえましい光景。

c0199431_238546.jpg
c0199431_23985.jpg
c0199431_2391871.jpg
c0199431_2392923.jpg

そして自分もネコになった気分。大理石のテラスでゴロリンコ。。。
この10日間ですっかりネコらしくなったみひろです。
c0199431_23101196.jpg
c0199431_2310191.jpg


最後のdinnerは和子さんが日本食を作ってくれました!本当に嬉しい。
両親もベンデミアで仲良くなった彫刻家の原田さん&キョウコさんも一緒に。
とてもいい人柄のお二人にはみひろもとってもなついてました。
c0199431_23192953.jpg
c0199431_23201894.jpg

和子さんが去年作ったハウスワイン(とっても美味しい!!!)をいただきながら、楽しい最後の晩餐。
c0199431_23204513.jpg
c0199431_23205560.jpg


みひろは靴下やスタイを振り回したり、コードをひっぱったり。。
これでもか!というくらいテラスをおおはしゃぎで走り回って遊んでいました。
c0199431_23253690.jpg
c0199431_23254869.jpg
c0199431_2326088.jpg
c0199431_23261261.jpg

c0199431_23312752.jpg

とっても楽しいカッラーラ最後の夜でした。和子さんありがとう!!!
c0199431_23272714.jpg

[PR]
by KumikoM25 | 2009-11-13 23:32 | TRIP

COLONNATA

SARZANAから再びバスに乗って、カッラーラへ戻り、和子さんに迎えにきていただき、今度はカッラーラからさらに大理石の山の方へ向かったところにあるCOLONNATAコロンナータという小さな村へ連れて行ってもらいました。

和子さんは用事が出来たため、4人でコロンナータを散策。

みひろとおじいちゃんおばあちゃんはこの旅2回目のコロンナータで、小さな小さな村のためすでに勝手がわかった様子。
c0199431_2225033.jpg

c0199431_22271537.jpg


コロンナータは大理石採掘場に一番近く、またラルドという豚の背脂のお肉で有名な村。
残念ながらママは今回ラルドを食べられなかったので、また次回!

みひろがイタリアで覚えたいたずら。車のホイールに石をポイポイ投げ込むこと。
車が停まっていると、とりあえずタイヤをさわりにいくのです。
c0199431_22264632.jpg


宝の山(?)大理石の山々をこんなに間近に。大迫力!採掘現場もよく見えます。
c0199431_22294248.jpg
c0199431_22295136.jpg
c0199431_2230417.jpg
c0199431_22301522.jpg


裸足でコロンナータを駆け抜ける野生児のみひろ。
c0199431_22312629.jpg


村の中心部にあるAL CAVATORE(カバトーレへ)というタイトルの彫刻。
大理石の採掘職人へのオマージュをこめた作品のようで、昔の採掘場の様子が掘られています。天を仰ぐ像が印象的。
c0199431_22452665.jpg
c0199431_22462569.jpg
c0199431_22463582.jpg

この彫刻がある小さな広場にはこれまた小さな教会があります。
こじんまりと素朴な感じがまたいい。
c0199431_22471551.jpg

大好きなシュリを思って、みんなでろうそくの火を捧げました。
c0199431_2247566.jpg

シュリくん、私たちを空から見守っててね。
[PR]
by KumikoM25 | 2009-11-13 22:52 | TRIP

SARZANA 

シュリの急死という悲しい夜が明けた翌朝、なんだか夢と現実がわからないかんじ。
シュリのことを思い出しては悲しみにくれてしまうので、やっぱり予定通りSARZANAサルザーナというカッラーラからバスで30分ほどいく小さな町へ出かけることに。

いつもカズコさんに駅まで送迎してもらっていたのですが、この日はB&Bからバスで出かけてみました。切符をもっていなかったのですが、おまけしてくれ(イタリアでは何度も助けられてます!!)親切にSARZANAヘのバス乗り場や切符まで案内してくれた運転手さん、GRAZIE!!

サルザーナは本当に小さな町だけど、そのこじんまり感がとっても可愛らしい。

中心のPIAZZA(広場)ではフランスもののメルカート。イタリアだったらなおよかったのに。
c0199431_21463668.jpg


とりあえずみひろはどこへいってもPIAZZAを駆け回るのが一番楽しいみたい。
c0199431_21565275.jpg
c0199431_2157378.jpg


お店の看板などもいちいち可愛い。土曜の昼間というのもあり、静かで平和。
c0199431_21591585.jpg
c0199431_21592824.jpg
c0199431_2159396.jpg
c0199431_21595043.jpg


広場に面したレストランの外の席で、ゆっくりLUNCHをとりました。
c0199431_221619.jpg


I LOVE PASTA!!なみひろ。
c0199431_2211995.jpg

[PR]
by KumikoM25 | 2009-11-12 22:03 | TRIP

bye bye シュリくん

cinqueterreに行った日の夜中、姉から着信。イタリア時間の深夜2時とかだったのでなんかあったのかな??と眠た眠たでコールバックしてみると…

「シュリ君が危篤なんやて」

一瞬耳を疑う言葉。

シュリ君とは岐阜の実家で飼っているパピヨン犬。すっごく元気で本当にハンサムでかっこよく、我が家の人気者。
岐阜の両親の旅行中、妊婦の妹が面倒をみるために泊まりに来ていました。

一気に目が覚めた私たちは心配で胸のドキドキがとまりませんでした。きっと大丈夫。病院でなんとかしてくれるはず。という願いも届かず、何度目かの電話で話したときにはすでに意識がないとのこと。
電話の向こうにいるシュリくんに、「ガンバレシュリ!父さんだよ!母さんだよ!クミだよ!」とみんなで泣きながら大声で呼びかけたけど、静かに息を引き取っていってしまいました。

とっても元気だったので、本当に突然なシュリくんとのお別れ。しかも3人娘が嫁にいってしまい、息子のように可愛がっていた両親のいない間に。

信じられなくて、泣き崩れる3人の側で、環境の変化で目を覚ましたみひろがそっと優しくみんなに手をさしのべていました。こんな小さな子でも何か感じるものがあったのでしょう。

シュリ君は妹のチカちゃんが大好きで、お嫁に行く前は毎日一緒に寝ていたほど。
最後の1週間を大好きなチカちゃんと二人きりで過ごせたのはシュリにとってとっても幸せなことだったに違いない。
悲しみにくれる父さん母さん(シュリにとって)を見たくなかったに違いない。
最高の犬、いつまでも辻家の最高のfamilyの一員、いたずらっこのシュリくん。
もう会えないなんて信じられないけど、ずっとずっとみんなを見守っていてね★

バイバイシュリくん。いっぱいの楽しい時間をありがとう!!!!

c0199431_21303042.jpg

[PR]
by KumikoM25 | 2009-11-12 21:31 | TRIP

CINQUE TERRE

翌日も電車に乗って、「5つの土地」という意味のチンクエテッレへ。
リグリア海に面した5つの小さな村々。ママは2コだけ行ったことがありました。

カッラーラからとても近く、LA SPEZIA経由で30分ほど。

今日も小鉄みひろは駅でご機嫌。
c0199431_2212950.jpg
c0199431_2213946.jpg
c0199431_221495.jpg
c0199431_22219.jpg
c0199431_2221225.jpg
c0199431_2223594.jpg


まずは一番ジェノバよりのMONTEROSSOモンテロッソへ。
前日はとても暑かったので、泳げるかも!と思い、水着持参で出かけましたがさすがにそこまで暑くなくてやめました。。でも泳いでるイタリア人も。。
c0199431_22154365.jpg


みひろはちょっとだけ水遊び。
c0199431_22163832.jpg
c0199431_22164989.jpg



お昼を食べて、電車で別の村、MANAROLAマナローラに移動しました。
カラフルなお家が斜面に建ち並んでとても可愛い。
c0199431_22301973.jpg
c0199431_22303224.jpg
c0199431_22304811.jpg

世界中から観光客がいっぱいで、こんな小さな村だけど年中にぎやかなんだろうな。
いいんだか悪いんだか。でもイタリアのすごいところは、こんなに世界遺産がいっぱいで観光客もすごいけど守るべきものをきちんと守り抜いているところだと思う。

記念すべき還暦旅行(ベビーシッター旅行?!)★いつまでも笑顔で仲良く。
c0199431_2238544.jpg

みひろは遊び疲れて爆睡。
c0199431_8363511.jpg


マナローラからお隣のRIOMAGGIOREリオマッジョーレへは歩いていくことに。
「愛の小道」Via dell'Amoreと呼ばれる海沿いの遊歩道。
c0199431_2249618.jpg

落書きだらけなのがとっても気になるけど。いい眺め。
ちょっと小雨がポツポツしたり、還暦ジジババ夫婦がケンカを始めたり(愛の小道なのに!)。。。
c0199431_22434747.jpg


でも5つのうち3つのTRE TERREを訪れることができました。

やっぱり帰りも小鉄はおおはしゃぎ。
c0199431_22465063.jpg

カッラーラで乗ったバスも楽しそうでした。
c0199431_224831100.jpg


カッラーラのdinnerで食べたお肉。すっごく美味しかった〜
c0199431_22515689.jpg


満喫の1日でした。
[PR]
by KumikoM25 | 2009-11-01 22:36 | TRIP